日本の医療レベルはどの程度なのか?

医療が最も進んでいる国とは

医療は現在、国を維持し、発展させていく上で必要不可欠なものになりました。
民間療法などが無くなっているわけではありませんが、それでも西洋医学に基づく医療は現代の世界で必須のものになっています。
そうした中では時折「世界で最も医療が進んでいる国はどこか」というようなことが話題になることがあります。
これについてはどの国が挙げられるのかというと、実際のところ判断の基準をどこに据えるかでかなり大きく変わってきます。
例えば医療を誰でも受けられる環境にしていることが最先端だとするのであれば、それは日本でしょう。
国民皆保険の制度によってそれぞれの家庭の収入額に依存せずに治療を受けられるということは明らかに世界最高クラスの環境であると言えます。
保険適用外の最先端医療などだとそうとは限らないこともありますが、そうした治療が必要になるケースは全体から見ればさほど多くはありません。
そのため日本という国は決して後進国では無いのです。
ですが総合的に「治療が必要な人に対して適切な治療を出来ている」ということで判断するのであれば、医療業界雑誌であるHealth Affairs誌が2008年に特集した記事の中でフランスがトップであるとされています。
これは「適切なタイミングで効果的な医療が施されれば死を回避できたと考えられる75歳未満の人の死亡率」をベースとしてランキング付けしたものですから、一般的にイメージされる救える命を救うという在り方で言えばフランスが最上位であると言えるのです。
ちなみにこの特集の中で日本は第二位にランキング付けされていますから、フランスよりは少々劣るものの世界トップクラスであるということは疑いようがないと判断されています。
このように何を基準にするかでトップは変わるのですが、日本という国は決して後進国などでは無いと言えるのです。

日本の医療の問題点

日本という国にある医療の制度は、世界でもトップクラスの水準にあるとされています。
国民は全員国が運営する保険に加入することで3割の負担で治療を受けることができ、必要に応じて保険適用外の高度な治療を受けることができるようにもなっています。
WHOも日本の医療制度に関しては高い評価をしているのですが、高い評価を受けていることと問題が無いということは全く別の問題です。
日本という国の医療は優れているのと同時に、さまざまな問題を抱えてもいるのです。
まず日本の医療の問題点としてまず考えなくてはならないのが「医療現場の過度な負担」です。
現代の日本人は体調不良を感じた場合、財布の中身を考えるよりも先に病院に行くことができるようになりました。
よほど大きな治療をするわけでもなければ、そこでの負担金額はかなり少なくなるからです。
これはもちろん悪いことではないのですが、保険が無ければ自宅療養で済ませるような症状でも病院に駆け込むわけですから、医師や看護師といったスタッフは常に過度の負担を強いられています。
この問題に拍車をかけているのが、日本人に欠如した予防の観念です。
海外、特に保険が任意保険しか無い国では自身の健康はまず予防するものだという認識が一般的です。
ですが日本は実際に体調が崩れてからでも手厚いサポートを受けられるわけですから、予防の考えはあまり浸透していません。
さらに医療にかかる費用を国が負担すると同時に、そこで医師や看護師に支払われる報酬は国が決定する権利を有しています。
これによって日本という国の医師は、先進諸国でも最低クラスの報酬水準になってしまっているのです。
こうした問題を全て一度に解決するには制度そのものを見直さなくてはならないため先送りにしてきていましたが、高齢化社会の影響によって日本の医療は既に悲鳴を上げ始めています。
今後何らかの対策を打ち出すということは正に国全体の課題なのです。

人々が求める医療とは?

医療は常に必要な人に対して、必要なだけのものが提供されることが理想です。
風邪をひいただけの人に対してレントゲンやCTスキャンといったような高度な診断は全く必要ありませんし、骨を折った人に対して人工透析をする必要は全くありません。
ですがこの「症状に合わせた治療をする」ということがそのままイコールで人々が求める医療、理想の医療ということになるわけではありません。
症状に合わせた治療というのは対症療法であり、本来の原因があるのであればそこも含めて対処をしていく必要があります。
対症療法で原状の問題を排除し、それと並行して原因を排除するということを、ミスなく行うことこそが本当に必要な医療です。
つまりここまでで理想の医療というのは症状と原因を間違いなく特定し、それに対して最も効果的なアプローチを選択し、ミスなく行うことであるということになります。
ですが、これだけで本当に人々が求めるものになるのかと言われれば違うでしょう。
ここに加えてひとつ必ず押さえておかなくてはならない要素となるのが「医療にかかる費用」の問題です。
仮に先ほどの完全な治療ができたとしても、それ一回のために数百万円かかるというのであれば、それを求める人はいなくなります。
どのような場合であっても必ず費用はかかります。
その費用が誰でも支払えるものであること、家庭の収入に依存せず必要な治療が受けられることは非常に重要です。
つまり総括すると、人々が求めるのは「誰でも可能な負担金額で、症状に合わせた適切な治療ができ、かつミスがないもの」ということになるのです。
もちろんこうしたことを実現するにはさまざまな課題があります。
ですが現在の技術は日進月歩ですから、いつしかこうした医療が世界中で受けられるようになる日も来ることでしょう。

▼逆流性食道炎などの治療に最適
ネキシウムをまとめて安く買うならここ
▼薬が通販で買える
フロリードDクリーム