日本の医療レベルはどの程度なのか?

三大生活習慣病の医療費のニュースを見て

ニュースなどでよく取り上げられている医療費もかかる日本人の中の三大生活習慣病ですが、それは、がん、脳血管疾患、心臓病と言われています。その疾患による死因も三大死因となっているのです。食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその病気に発症や進行に大きく関わっているのです。世界の中で人々の生活習慣は地域や国などにより、似ている場合や、異なっているところもあります。ただ、異なる国であっても先進国同士とか文化圏が同じ場合には生活習慣は似ていて、起きる生活習慣病にも同じようなことがあります。三大生活習慣病は日本でも重大な病気です。その病気のリスクになることの大きな事は肥満です。肥満自体が生活習慣病の一つとされることもあるのです。日本では食生活が欧米化したことにより、それは肉類の摂取が増えたことにあるのですが、三大生活習慣病が増えた原因にもなっています。ニュースにもなっていましたが、食生活を考えたらアメリカとカナダ合同発表で牛乳や卵も摂取しない完全な菜食をしても栄養が摂取でき、がんや糖尿病、肥満、高血圧、心臓病などのリスクが減ると言っています。これらの生活習慣病は医療費も多く必要となります。入院日数も長くなる場合がおおくなり、その上再入院となることも多くなるのです。
生活習慣病はそれぞれの疾病が互いに影響しあって重症化して、それで合併症まで引き起こすと言われています。そのためにその発症予測をして、医療費の予測をすることが必要になるとのニュースもありました。自分自身でできる生活習慣を見直して医療費の高騰を防ぐことは自分自身のためであり、また、社会全体のためです。一人一人が取り組むもんだいです。