日本の医療レベルはどの程度なのか?

淋病と、医療の面からも推奨される早寝早起き

病気と言うのは、一般的には抵抗力が落ちている時等に感染・発症しやすくなる事が少なくありません。
その為、同じ様な環境にずっといても、すぐに調子が悪くなってしまう人もいればいつまでも元気な人もいます。
抵抗力が低下する原因の一つが睡眠不足です。
睡眠はただ目を閉じて夢を見るだけの行為ではなく、体と脳を休める為にも必要な事と言えます。
だから、まずはある程度の睡眠時間を確保する事が重要です。

しかし実際にはただ寝れば良いという訳ではありません。
人間には体内時計が有るので、それを狂わせてしまう事は避けるべきです。
従って、ただ寝るのではなく、早寝早起きを心掛ける必要があります。

医療でも感染者数が増えていて問題となっている病気の一つが性病です。
性病の一つが淋病で、この病気の大きな特徴はかなり感染力が高いという事です。
また抵抗力が落ちている時は元気な時に比べると短い潜伏期間で発症してしまう可能性もあります。
出来るだけ淋病を防ぐ為には、早寝早起きを心掛けて抵抗力を落とさない事が医療の面でも重要とされています。

また、淋病は一度症状が落ち着いたからと言って気を抜いてしまうと、時には再発してしまう可能性があります。
適切な医療施設に行き、正しい治療受ける事が重要です。
さらに治療自体は途中で中断してしまう事は良く無く、医療施設の指示に従わなければいけません。
また、早寝早起きを心掛けて体の抵抗力を保っておく事が重要です。
そうすれば淋病自体を防ぐ事ができる様になるだけでなく、もし感染して発症してしまったとしても、再発してしまう可能性をかなり低くする事も可能です。
まずはゴールデンタイムと言われている夜10時から2時の間には寝る事、さらに朝は活動する1時間前には起きる、現在早寝早起きができていない人はここから始めてみると良いでしょう。