日本の医療レベルはどの程度なのか?

現代医療でも治療が難しいうつ病の予防にナッツ

医療の発展によって様々な病気の治療や予防が行えるようになってきました。手術や薬物療法など様々な手段によって治療できる疾患が増えてきており、医療技術や研究開発の進展による恩恵を誰もが受けている時代になっています。しかし、そういった医療の発展が続く現代においても治療が難しい領域が中枢神経系の疾患であり、精神的な影響から生じている疾患については誰に対しても有効と言える治療方法や予防方法がない場合がほとんどです。生活習慣病の中に位置づけられているうつ病もまたそういった精神系疾患の一つであり、対症療法として有効性が示されている医薬品は多数あるものの、服用することによって根本治療に至るような医薬品の開発や誰もを治療できる方法は未だに確立されていません。
一方、民間からはうつ病を代表とする精神系の疾患に対して予防効果があるとされる方法がいくつも提唱されるようになってきました。その中の一つとして手軽に行うことができるものにナッツを食べるというものがあります。うつ病のような中枢性の疾患においては活性酸素によって脳が器質的に破壊されてしまうということが原因になっている場合があります。そういった脳の破壊を防ぐために抗酸化物質を積極的に摂取することによって予防につなげることができると考えられています。ナッツを食べることによってナッツに含まれるオメガ3脂肪酸などのような抗酸化物質が体内に取り込まれ、脳細胞を保護することによって脳へのダメージを防ぐことができるとされています。また、オメガ3脂肪酸にはストレスホルモンの分泌を抑制する作用もあると言われており、うつ病に対して効果があるといわれる理由の一つとなっています。こういった形でナッツを食べるという気軽な習慣から医療業界からも対処が困難な精神系の疾患の予防が期待できるのです。