日本の医療レベルはどの程度なのか?

食生活の見直しからできる個人のがん予防と医療費

現代医療においてはがん治療が大きな課題の一つになっています。病気として知られるようになってからかなりの年月が経っているものの、未だに高い可能性をもって治療が可能であるものは少なく、早期発見ができることが前提条件となっている場合がほとんどです。そのため、医療機関で検査を定期的に行って早期発見、早期治療が達成できるようにするための呼びかけが積極的に行われるようになってきています。
がんの早期発見は重要な観点であるということは言うまでもありませんが、それ以上に大切になるのは個人が予防をするということです。医療費の高騰が問題となっている現代においては国家レベルでそれが期待される状況になっており、小さい頃から教育がなされるようになってきています。その基本的な考え方はリスクの高くなることをしないという考え方であり、その発生のリスクを高めてしまうような活動や習慣を日常の中からなくしていくことによって予防することが推奨されています。食生活を見直すというのは予防の上で代表となるものの一つであり、発がん性が疑われているものを摂取しないということが基本的な考え方の一つとなります。また、様々な研究によってリスクを下げる効果を期待することができる成分も数多く知られるようになってきています。その多くは抗酸化作用を示すものであり、酸化ストレスによって発症してしまうリスクを低減できるというのがそのメカニズムであると考えられています。こういった食生活という身近なところからの個人のがん予防への取り組みが患者数を減らすことにつながり、ひいては医療費の削減につながって社会を豊かにすることができるものとして期待されています。