書籍出版

「本を書くとしたら、どんな内容の本を書いたらいいのか?」という疑問が湧くと思います。

「本を書く」と聞いて、小説を思い浮かべた人もいるかもしれませんが、それは違います。

残念ながら、あなたの書いた小説を読みたいと思う人は世の中にはいないでしょう。

ではどんな内容の本を書くのか?これはずばり、ノウハウ系の本がおすすめです。

世の中の人達は、多かれ少なかれ悩みを抱えて生きています。

また、やりたいことがあるけれど、どうしたらいいかわからないという人もいます。

その悩みを解決してあげられる本を書けば、売れる可能性は高くなります。

この記事のように、「不労所得を得るためにはどうしたらいいか?」という内容もノウハウになります。

その他には、「金持ちになるにはどうしたらいいか」「モテるためにはどう行動するべきか」「簡単にできるダイエットの方法」「簡単にタバコや酒が止められる方法」など、そのような情報を欲しがっている人は、世の中にたくさんいます。

その人達の悩みを解決する本や目標を達成するための本を作れば、きっと売れるでしょう。

ここからは、僕が行っている不労所得の仕組みを紹介します。