解雇、給与減、経営難…明日は我が身の世の中。規制緩和前に出来るおすすめの金策といえば。

トラック乗りのアンちゃんだ

俺の仕事は余り影響はないが、世の中の雇用が大変なようだ。

東京都練馬区のとんかつ店で火災があって店主の男性が死亡したそうだ。
コロナでの営業が出来ない等に悲観しの自殺のようだ。
トンカツの油を被っての焼身自殺のようだ。

誰にも相談出来なかったのだろうか、コロナでの電話相談出来る反貧困ネットワークなどあるのだが、そこでの内容も悲痛なものだ。
ネットワーク

「所持金が1万円しかなくて家賃が支払えない」
「手持ち現金が300円でこゴールデンウィークを乗り切れない」
「残業など無くなり収入減で住宅ローンの返済ができなくなりそう」
「自宅待機を命じられているが休業補償が貰えない」
「解雇されてしまった」
「給料を一方的に20%下げると言われているでもそれでは生活できない」

この内容は1週間、1ヵ月が越せない状態なのだ。
ゴールデンウィークさえ乗り切ればと、頑張っていても、なかなか緩和されず、5月末まで同じ状態なら100万人の失業者がでると予想されている。

100万人って自分は大丈夫と言い切れるか??
言い切れない人が大勢いると思う。

なぜ、大丈夫じゃないのか?
それは本業1本で働いているからだと思う。
もし、副業で月に20万円でも収入があれば、そこまで悲観的にならなくてもいいと思う。

では、副業って何をすれば?
副業「投資」です。アンちゃんが勧めているのはFXSUITでの3すくみだ。
これは、コロナ騒動が始まる前に運用はじめていて、気持ち的に余裕が生まれている。

物流があるからトラックに乗っていれば、失業はなさそうだが、人生なにがあるか分からない。
少しでも余裕がある時にしていて良かったと思っている。

登録方法これを読んで少しでもアンちゃんの言ってる意味が分かる人は1万円からでも、自分の逃げ道を作る行動をしてほしい。