不労所得は継続可能なものである

不労所得をつくっていくうえで重要となるものは、持続可能性です。

持続可能性は一般的に、その仕組みやシステムが持続可能かどうかをしめす能力のことです。

持続可能性が高ければ長続きするし、持続可能性が低ければ、放っておくとすぐに終わりを迎えてしまう、ということになります。

不労所得における持続可能性は、そっくりそのまま、その仕組みがどれだけ継続的に収入を稼いでくれるかどうかです。

もちろん、持続可能性が高いほうが良いということは言うまでもありませんね。

持続可能性を高めるためには、これらのことを考慮しておく必要があります。

・一度の作業でつくったコンテンツに長い期間稼いでもらう
・複数のコンテンツを積み重ねる
・複数の不労所得を積み重ねる

一度の作業でつくったコンテンツになるべく長く期間稼いでもらうのが、一番好ましいことです。

ここでは便宜上「コンテンツ」と呼びましたが、株式や不動産投資などでもこれは同様です。

一度の購入した株式や不動産に長い期間稼いでもらうことができれば、持続可能性が高まります。

・長期間、安定してアクセスのあるブログカテゴリで稼ぐ
・これから数十年に渡って安定的に住居者が付く不動産を選ぶ
・過去ずっと安定配当されている株式を選ぶ(可能なら数十年に渡って安定的に配当を続けているもの)
・流行り廃りに関係のないもの
・サービスを売る
・不景気でも安定的に需要のあるもの
・サービスを売る

私が行っている投資法は長期目線で運用できる手法で、月利15%を安定して運用することができます。

また、投資リスクも少ないので投資初心者の方にもおすすめです。

この手法はFXで行いポジションを決済しない限り継続して収益を積み重ねることができるので長期的に資産を構築していきたい方は是非、活用してみてください。