トラックドライバー推薦の睡眠不足と無縁の稼ぎ方!

トラックのドライバーを務めて早6年。積み荷で腰をやるのは時間の問題。
どうも、あんちゃんです。

これまで人前で文句も言わずに仕事してきたおれだが気づいたことがあってそれをブログにかいて自分に言い聞かせる意味で書いていこうと思った。

時々、いうことのできない不安にかられることがある。 それは、

俺の仕事、体やったらおしまいやなと。。

もしこれを見ている同業の方いたら「体壊したらって当たり前やん」とか、「フォークリフト使える職場に転職したら?」とか思うかもしれない。というのも俺の職場は手作業での積み下ろしが多い職場。仕事変えれば手作業しなくてもいい職場もあるだろうとは思ってる。だけど、なんだか転職は気が進まないのよな。
なんとなくだがあるんだよなその感覚が。どこかで会いそうな気がして。
高校時代は「負け知らずの陸クジラ」と恐れられた強面が内心はかなりの心配性なんだよw

ふと冗談で上司に「体をぶっ壊したら・・・」て話しても「あんちゃんは頑丈な体やから大丈夫やろ」の一言で終わり。

待て待て。 なんであんたに俺の体の耐久値分かるねん! スカウターでもはめとるんか?

休日にふと将来について考えていた。
「いつか結婚して、子供は2人ほしいな。 幼稚園の入学式行ってお遊戯会見て・・・」
はっとした。 今の仕事を続ける中でわが子の成長の舞台、入学式やお遊戯会を目の前でみれんのかと。 奥さんが撮影したビデオをみながら感動してるんじゃないかと。

自分の目で見れる機会って多くないんじゃないかと。